★ねた帳@emma.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おぺらでーと(。・ω・。)


 昨日、彼氏とオペラデートしてきました(。・ω・。)
 シェイクスピアの『リア王』をオペラ化した『リアの物語(Vision of Lear)』っていうやつ(うろ覚えなのでリアのつづりとかがちょっと不安)で、能の精神?を融合させていて、作曲した人は新しい能って言ってました。舞台は能舞台で、交響楽団が音楽やってて、小道具は長さの違う、数本の竹筒?(結構長い)と懐中電灯のみでした(。・ω・。)この舞台はリア王が見ている「幻影(vision)」って作曲者がプレトークで教えてくれたんだけど、(原作読んだ人はわかると思うんですが、)嵐の中でリア王が模擬裁判(というか妄想裁判)をするシーンで、裁かれるはずの人(ゴリネルなど)が懐中電灯で顔の下から光を当てる演出をしたので暗い中にぼうっと白く浮かび上がって、いかに彼が狂気に満ちて幻影をみたかっていうのを感じて、こうやって光を使う演出もあるんだなって思いました。原作読んでいったけど、私の想像力では狂ってるけど頭の中で妄想しているくらいだと思っていたのに、もう本当に自分の目の前に彼らが幽霊みたいに見えてたんだ…やばい…ってなって、演技ってすごいって思いました。

 あと、もうひとつ参考になったのは、プレトークで、この音楽はぼん、ぼん、っていう太鼓の音で始まって、それは宇宙の天体の動きを表している音であり全編通してその音が隠れているんだけど、その音を人間が乱していくって聞いたことです。初めはほんとにゆっくりとした規則正しいリズムだったのに、だんだん高い音の早いリズムが入ってきて、最後、すべてが終わってまたゆっくりに戻って、ってなってて、私は物語が始まったところに戻ってくるのが好きなんだけど、自分の作品でも本来のリズム(状態)を象徴する何かを常に潜ませて、その状態がどうあるかでこれからを暗示するみたいな演出ができたらいいなって思いました。
 ただ、聴覚に訴えることができない形態である文章でそれをするのってかなり技量と工夫が要りそうだなって思ってうーんてなってます。主人公の目を通した空の色を描写に入れることは多いんですけど。常に何かを見えないように組みこむのはどうしたらいいのかなあ…(。・ω・。)ひとつである必要はないと思うけど。ていうか小説の場合、要は五感をフルに使えってことかな(。・ω・。)

 あ、あと、道化が出てくるんだけど、オペラでも存在はするけど舞台の端っこにいるだけで、絶対舞台の中央には出てこなくて、めっちゃリアと話しているのにまるで初めから存在していないかのような演出で、まさか道化もリアの妄想だったのかなってわかって切なくなりました。原作でも、途中急に消えてしまうんだけどそれまで一生懸命励まそうとしてくれて一緒にいてくれたのに、それも妄想なんてってなって、でも思えば、原作でも道化はリアの鏡像みたいだったから、やっぱり彼も妄想の産物だったのかなって感じました。なんで彼が存在のないものに思えたかっていうと、オペラは全編通して英語だったのに彼だけは日本語だったからです。急に日本語が聞こえてきたからびっくりしました。

 内容は暗いので話自体が楽しかったとはいえないけど、テレビじゃない生の舞台で新しい形式?のを見れてよかったです。ちょっと事故があったそうですが(字幕はあるのにそれに相当するセリフが聞こえないってことが二度三度あったのですが、たぶんそれ)。今度はいわゆるオペラも客席で見たいです(いつもテレビ)。あとほんとは宝塚見に行きたい…舞台の上にいる人は女の人だけとかきれいに決まってrごほんごほん ※男がいたらどうというわけではありませんし男だけだったらどうとかいうわけでもありません

 ちょっとおとなっぽいきれいめのワンピースを着て、いい経験になりました。

 そのあと、彼氏と思い立ってブライダル情報センター?に行ってみました。行ったらどんどん話し進むとは聞いてたけど、ゼクシィ一冊読んで、両家顔合わせの日取りしか決めていなかったのにほんとにどんどん話が進んでいって、なんと一時間足らずで結婚式の見積りも出してもらって、(なんとなく半年後の秋かなーとしか決めてなかった)日付もこの日って決まって会場の仮押さえまでできたし、今週末にその会場で行われる模擬披露宴に参加できるように予約も取ってもらえて、顔合わせの会場も仮押さえして…ってとにかくすごく早く決まっていってすごいさすがプロって思いました。悠長にゼクシィ読んだりネットだけで調べようなんてしてる暇はなかった。ついったでも言ったんですが、結婚考えたら、まずはゼクシィで少し予習していって(むしろ読んだほうが絶対いい)、そのあと両家に挨拶して結婚許可でたら速攻ブライダル情報センターへ行くことをお勧めします。ほんと早い。イメージがしやすくなるし、仮押さえしてもその後の下見とかで会場変えたいってなったら(もちろんお店にもよると思うけど)キャンセルしてまた次を探せるし、特典割引?聞かせてくれる提携先も紹介してくれるし、コーディネーター?さんがついて相談に乗ってくれるのでわかりやすいと思います。やっぱりこういうのはプロに教えてもらうのがいいってことなんだと思います。わくわく!新婚旅行、ヨーロッパがいい!って言ってたら、頑張ってヨーロッパに行きたいんですけど、って彼氏が言ってくれて、ほんとにつれていってくれるの!って嬉しくなりました。付き合ってるときは国内でいいじゃん国内もいいとこいっぱいだよみたいなノリの彼氏だったので、正直金額のこともあるし国内かな…って諦めてました(。・ω・。)いい彼氏です。

 休んだ気はあまりしないけど、とても刺激的な休日でした。次の日曜日も頑張る(。・ω・。)(今週も頑張るとは言わない)
スポンサーサイト

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

☆トラックバックは承認制です。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。